首页 箴言 箴言_Chapter 7

箴言_Chapter 7

私の息子、あなたは私の言葉を守って、私の命令を心に留めてください。 私の命令を守れば、生きなければならない。私の法則を守って、(あるいは教えて)保守的な目の中の瞳の人のようです。 …

私の息子、あなたは私の言葉を守って、私の命令を心に留めてください。

私の命令を守れば、生きなければならない。私の法則を守って、(あるいは教えて)保守的な目の中の瞳の人のようです。

あなたの指に結んで、あなたの心の版に刻まれています。

知恵に言って、あなたは私の姉妹です。聡明さをあなたの家族と呼びます。

彼はあなたを淫婦から遠ざけ、媚びたことを言う外女から遠ざけることを保証します。

私は私の家の窓の中で、私の窓の間から、外を見たことがあります。

愚かな人の中には、少年の中に、明らかに無知な少年がいて、

通りを通って、淫婦の路地に近づいて、彼女の家に通じる道にまっすぐ行って、

夕方、夜、夜中、あるいは暗闇の中で、

ほら、売春婦の身なりで、狡猾な考えを持っている女性が迎えに来た。

この婦人は制約を守らないと騒いで、家で足を止められない。

街の中にいることもあれば、広いところにいることもあれば、各路地の入り口でしゃがんでいることもあります。

少年を引き止め、キスをし、恥もなく言った。

平安祭は私のところにあります。今日やっと私の願いを返した。

だから、私はあなたを迎えに出て、あなたに会いに来て、ちょうどあなたに会いました。

私はすでに刺繍毛布とエジプト糸で編んだ模様布を使って、私のベッドを敷いた。

私はまた薬がなくて、沈香、桂皮、私のベッドを薫りました。

あなたが来て、私たちは朝まで愛を満喫することができます。私たちはお互いに喜びを愛することができます。

主人が家にいないので、遠出をしています。

彼は手に銀の袋を持っている。必ず月望になってから家に帰る。

淫婦は多くの巧言で彼を従者に誘い、媚びた口で彼を同行させた。

少年はすぐに彼女に従って、牛が屠殺の地に行ったようで、愚かな人が鎖を持って、刑罰を受けに行ったようだ。

直等矢は彼の肝を穿いて、鳥が急いで網に入ったようだが、自分の命を失ったことを知らない。

皆さん、今は私の言うことを聞いて、私の口の中の話を聞くように気をつけてください。

あなたの心は、淫婦の道に偏ってはいけません。彼女の迷路に入るな。

彼女に傷つけられて召使いが倒れたことが多いからだ。彼女に殺されたのはそれにも多い。

彼女の家はあの世の道で、死の宮に降りた。

为您推荐

箴言_Chapter 31

利慕伊勒王的言語,是他母親教訓他的真言。 我的兒阿,我腹中生的兒阿,我許願得的兒阿,我當怎樣教訓你呢? 不要將你的精力給...

箴言_Chapter 30

雅基的兒子亞古珥的言語,就是真言。 這人對以鐵和烏甲說, 我比眾人更蠢笨,也沒有人的聰明。 我沒有學好智慧。 也不認識至...

箴言_Chapter 29

人屢次受責罰,仍然硬著頸項,他必頃刻敗壞,無法可治。 義人增多,民就喜樂。 惡人掌權,民就歎息。 愛慕智慧的,使父親喜樂...

箴言_Chapter 28

惡人雖無人追趕也逃跑,義人卻膽壯像獅子。 邦國因有罪過,君王就多更換。 因有聰明知識的人,國必長存。 窮人欺壓貧民,好像...

箴言_Chapter 27

不要為明日自誇,因為一日要生何事,你尚且不能知道。 要別人誇獎你,不可用口自誇。 等外人稱讚你,不可用嘴自稱。 石頭重,...
返回顶部