首页 西結書 西結書_Chapter 20

西結書_Chapter 20

7年5月10日、イスラエルの何人かの長老がエホバに尋ねに来て、私の前に座った。 エホバの言葉が近づいてきて、 人の子よ、イスラエルの長老に言いなさい。主エホバはそう言われた。あなた…

7年5月10日、イスラエルの何人かの長老がエホバに尋ねに来て、私の前に座った。

エホバの言葉が近づいてきて、

人の子よ、イスラエルの長老に言いなさい。主エホバはそう言われた。あなたたちは私に尋ねに来たのですか。主エホバは言われた。「私は私の永遠の命を指さして誓います。私はあなたたちに聞かれることはありません。」

人の子よ、あなたは彼らを尋問しますか?かれらの祖先たちの忌まわしいことをかれらに知らせなさい。

彼らに言いました。主エホバはこのように言いました。その日私はイスラエルを選んで、エジプトの地で自分を彼らに見せて、「私はエホバあなたたちの神です」とヤコブ家の子孫に誓った。

その日われはかれらに誓った。エジプトの地を出て、われがかれらのために見ている乳と蜜の地に連れて行くであろう。その地は万国の中で栄光がある。

私は彼らに言った。あなたたちは皆、エジプトの偶像によって自分を汚してはならない、目が愛している憎むべきものを捨てなければならない。私はあなた方の神です。

彼らは私に反抗し、私に従うことを拒否し、彼らの目が愛している憎むべきものを捨てず、エジプトのアイドルを見捨てない。私は言った、私は私の怒りを彼らに傾けて、エジプトで彼らに私の怒りの中で決めたことを達成します。

私は私の名前のために、彼らが住んでいる列国人の目の前で冒涜されないようにしなかった。私は彼らをエジプトの地から連れ出し、この列国人の目の前で自分を彼らに見せる。

こうしてわれはエジプトの地を出て、荒野に連れて行った。

私の法則を彼らに与え、私の規約を彼らに指示した。人はそれを守れば必ず生きている。

また私の安息日を彼らに与えて、幸いにも私と彼らの間に証拠として、彼らに私のエホバが彼らを聖にしていることを知ってもらう。

イスラエルの家は荒野で私に反抗し、私の法則に従わず、私の典章を嫌って(人は従うなら必ずそれで生きている)、私の安息日を大いに犯した。私は、荒野で私の怒りを彼らに傾け、彼らを絶滅させると言った。

私は私の名前のために、私の名前が私が彼らをエジプトから連れ出した列国人の目の前で冒涜されないようにするために、このようなことはありません。

そして私は荒野で彼らに誓った。彼らを私が与えた乳と蜜を流す場所に入れないでください。それは万国の中で栄光があります。

かれらはわたしの律法を嫌がり、わたしの律法に従わず、わたしの安息日を犯すため、心は自分の偶像に従う。

それでも私の目は彼らを大切にし、彼らを滅ぼさず、荒野で絶滅させない。

われは荒野でかれらの子供たちに言った。「あなたがたの父の掟に従ってはならない。かれらの掟に従ってはならない。またかれらの偶像のために自分を汚してはならない。」

私はエホバあなたがたの神です。あなたがたは私の掟に従い、私の掟に従い、

そして私の安息日を聖とする。この日は私とあなたたちの間で証拠として、あなたたちに私がエホバあなたたちの神であることを知ってもらいます。

ただ、彼らの子供たちは私に反抗し、私の法則に従わず、私の規約(人はそれを実行すれば必ず生きている)を守り、私の安息日を犯すことはありません。私は言った。私の怒りを彼らに傾け、荒野で彼らに私の怒りの中で定められたことを成し遂げる。

それでも、私は私の名前のために手を縮めて、私の名前が私が彼らをエジプトから連れ出した列国人の目の前で冒涜されないようにしなければならない。

そして私は荒野で彼らに誓った。必ず彼らを列国に分散させ、列国に分散させる。

彼らは私の規則を守らず、私の規則を嫌って、私の安息日を犯して、彼らの父のアイドルを見上げた。

私も彼らに不美の掟を守り、人を生きさせてはならない悪しき掟を守るように任せた。

彼らがすべての火を通したので、私は彼らがこの供え物の上で自分を汚すことに任せて、彼らを悲しませて、彼らに私がエホバであることを知ってもらうことができます。

人の子よ、イスラエルの家に言いなさい。主エホバがそう言った。あなたたちの祖先は私の機嫌を損ねたことで私を冒涜した。

私は彼らを私が彼らに約束した地に連れて行ったので、彼らはそれぞれの高い山、それぞれの茂った木を見て、そこで献上して、私を怒らせた供物を捧げて、そこで香りの良い供え物を燃やして、そして祭祀をかけた。

私は彼らに言いました。あなたたちが登っている高いところは何と言いますか。その高いところの名前はバ麻と呼ばれて今日に至る。

だからイスラエルの家に言いなさい。主エホバがそう言われても、あなたたちはあなたたちの祖先が行ったように自分を汚していますか。まだ彼らの憎らしいことのように邪淫をしているのか。

あなたがたは供え物を奉じて息子を火にかけた時も、すべての偶像を今でも汚しているのか。イスラエルの家よ、私はどうしてあなたたちに尋ねられたのですか。主エホバは言われた。「私は私の永遠の命を指さして誓います。私はあなたたちに聞かれることはありません。」

あなたがたは言った。「私たちは異邦人や列国の人々のように、木や石に仕えなければならない。」あなたたちが起こしたこの気持ちは決して成就することはできません。

主エホバは言われた。「私は私の永遠の命を指さして誓います。私はいつも王になり、大きな手と伸ばした腕、そして投げ出された怒りで、あなたたちを治めます。」

私は必ず大きな手と差し出された腕、そして差し出された怒りで、あなたたちを万民の中から導き、分散した国内から集めます。

私はあなたがたを異邦人の荒野に連れて行き、そこで面と向かってあなたがたを懲罰する。

わたしがエジプトの荒野であなたがたの祖先をどのように懲罰するかについても、必ずあなたがたを懲罰する。これは主エホバの言葉です。

わたしはあなたがたを杖の下を通り、あなたがたを拘束させます。

私はあなたがたの間から反逆者と私の機嫌を損ねた者を取り除き、彼らを居所から連れ出すが、彼らはイスラエルの地に入ることはできない。あなたたちは私がエホバであることを知っています。

イスラエルの家よ、あなた方については、主エホバはこのように言われました。これから私に従わなければ、あなた方はアイドルに仕えることにします。ただ、あなた方の供物とアイドルが私の聖名を冒涜してはいけません。

主エホバは、私の聖なる山はイスラエルの高い山であり、すべてのイスラエルの家族が私に仕えると言われています。私はそこであなたたちを喜ばせ、あなたたちに物と初熟した土地、そしてすべての聖なるものを供給します。

私は万民の中からあなたたちを連れて出て、分散した国内からあなたたちを集めて、その時私はきっとあなたたちを喜ばせて香りの祭りのようにして、異邦人の目の前であなたたちの体の上で聖として現れます。

私があなたたちをイスラエルの地に案内するのは、私があなたたちに祖先の地を与えることを約束した場所であり、その時あなたたちは私がエホバであることを知っていました。

あなたたちはそこで自分を汚す行動を追念し、またしたすべての悪いことで自分を嫌う必要があります。

主エホバは言われた。「イスラエルの家よ、私は私の名のために、あなたたちの悪行とあなたたちの悪事に照らしてあなたたちを扱わない。あなたたちは私がエホバであることを知っています。

エホバの言葉が近づいてきて、

人の子よ、南に向かって、南の田野を攻撃すると予言した林を南に垂らすんだ。

南の森に言って、エホバの言うことを聞きなさい。主エホバはこう言われました。私はあなたの間に火をつけて、あなたの間のすべての青い木と枯れ木を燃やして、激しい炎は消えません。南から北にかけて、人の顔は焦げてしまった。

血の通ったものはすべて、私のエホバが火をつけたことを知っているだろう。この火は決して消えない。

そこで私は、ねえ。主エホバよ、人々は私を指さして言った。彼は比喩的なことを言っているのではないか。

为您推荐

西結書_Chapter 48

多くの支派は名前で得られた地を次のように記している。北頭から、シトロンからハマ口へ、ダマ色の地界のカザフ以難へ。北はハマ...

西結書_Chapter 47

彼は私を殿門に連れて帰って、殿の敷居の下に水が東に流出しているのを見た(元は殿面が東に向いていた)。この水は檻の下から、...

西結書_Chapter 46

主エホバは、内庭の東向きのドアは、事務を行う6日以内に閉鎖しなければならないと述べた。安息日と月朔だけは開かなければなら...

西結書_Chapter 45

あなたたちは地を分けて業として、エホバとファーウェイの聖供地に1点を捧げて、長さは2万5千肘、幅は1万肘です。この点以内...

西結書_Chapter 43

その後、彼は私を東向きのドアに連れて行ってくれた。 イスラエル神の栄光は東から来た。彼の声は水の多い音のようだ。地は彼の...
返回顶部