首页 伝道の書 伝道の書_Chapter 8

伝道の書_Chapter 8

誰が知的な人のようですか。誰が事情の説明を知っていますか。人の知恵は彼の顔を光らせ、彼の顔の怒りを変えた。 王の命令を守るように忠告します。神に誓った以上、そうなるはずだ。 焦って…

誰が知的な人のようですか。誰が事情の説明を知っていますか。人の知恵は彼の顔を光らせ、彼の顔の怒りを変えた。

王の命令を守るように忠告します。神に誓った以上、そうなるはずだ。

焦って王の前を離れるな。悪を固執してはいけない。彼は何事も自分の気持ち次第だからだ。

王の言葉には権力があるのに、誰が彼に聞いて、あなたは何をしますか。

命令を守る者は、必ず災いを経験しない。知恵ある人の心は、時と定理を見分けることができる。(原文は裁判の次節と同じ)

様々な事務成果は、時には定理となる。人の苦難のために、彼に重圧がかかっている。

彼は将来のことを知らない。将来がどうなるか、誰が彼に話すことができるだろうか。

誰も命をつかさどる権利があり、命を留めることができない。死期を司る権力もない。この戦いは、誰も免れることができず、悪も悪を行う人を救うことができない。

これは全部見たことがある。日光の下で行われたすべてのことを調べることにも専念しています。時にはこの人がその人を管轄し、被害を受けることがある。

私は悪人が埋葬され、墓に帰るのを見た。また正直なことをしているのを見て、聖地を離れて、町の中で忘れられました。これも虚空です。

罪名を断定し、すぐに刑を科さないため、世間は悪事に明け暮れている。

罪人は百回悪を犯したが、長い年月を享受した。しかし私は、神を畏れるのは、彼の前で畏れる人であり、いつまでも幸せになることを知っているに違いない。

悪人は幸せになれないし、長い年月も得られない。この年は影のようだ。彼は神を畏れないからだ。

世の中には義人が遭遇し、悪人の行ったことを逆手に取った虚空のことがある。また悪人が遭遇したのは、義人の行ったことに反する。私は、これも虚空だと言った。

私は快楽を称賛して、もとは人は日光の下で、無理強いして楽しく食べたり飲んだりすることはできません。彼が日光の下にいるので、神が彼に一生を与えた年は、労苦の中から、時々得られるものを享受しなければならない。

私は一心不乱に知恵を求めて、世の中のしたことを見なければならない。(昼夜寝ない、目に合わないものがある)。

私は明神のすべての行いを見ています。人が日光の下でしたことを発見できないことを知っている。彼がいくら力を入れて探しても、調べられない。インテリは知りたいと思っても、調べられない。

为您推荐

伝道の書_Chapter 11

あなたの食糧を水面に撒くと、いつか必ず手に入るからです。 あなたは7人に分けるか、8人に分けるか、将来どんな災いが地上に...

伝道の書_Chapter 12

あなたは幼いうちに、衰える日はまだ来ています。あなたが言ったように、私は何の喜びもない年が近づいていない前に、あなたを造...

伝道の書_Chapter 10

ハエが死んで、香ばしい油を臭気を出させた。このようにして、少しの愚かさも、知恵と尊栄を傷つけることができます。 知恵人の...

伝道の書_Chapter 9

私はこのすべてのことを念頭に置いて、詳しく調べると、義人と智慧人を知っていて、そして彼らの行為は、すべて神の手の中にある...

伝道の書_Chapter 7

名誉はすばらしい油のように強い。人が死ぬ日は、人生の日に勝る。 喪に遭った家に行くのは、宴会の家に行くようなものだ。死は...
返回顶部