首页 エレミヤ書 エレミヤ書_Chapter 24

エレミヤ書_Chapter 24

バビロン王ネブカドネザルは、ユダ王ヨヤキムの息子エゴニヤとユダの首長、そして職人、鍛冶屋をエルサレムから連れて行き、バビロンに連れて行った。このことの後,エホバはエホバの神殿の前に…

バビロン王ネブカドネザルは、ユダ王ヨヤキムの息子エゴニヤとユダの首長、そして職人、鍛冶屋をエルサレムから連れて行き、バビロンに連れて行った。このことの後,エホバはエホバの神殿の前に2かごのイチジクが置かれているのを私に示してくれました。

1かごは素晴らしいイチジクで、初生のようです。かご1杯は極めて悪いイチジクで、食べられないほど壊れている。

そこでエホバは私に、エレミヤは何を見ているのかと尋ねた。私はイチジクを見て、良いのはとても良くて、悪いのはとても悪くて、悪くて食べられません。

エホバの言葉が近づいてきて、

エホバ・イスラエルの神は、捕らわれたユダ人は、私がこの地を離れてカルデア人の地に行くようにしたのだと言いました。私は彼らがこのような無花果のように、彼らを利益にするために世話をしなければなりません。

私は彼らの世話をして、彼らを利益にして、彼らをここに連れて帰る。私も彼らを創立して、必ず取り壊さないで、彼らを植えて、引き抜かないでください。

私は彼らに私の心を知ってもらい、私がエホバであることを知ってもらいたい。彼らは私の民になり、私は彼らの神になります。彼らは一心に私に帰るからです。

エホバはこう言われました。私はユダの王ゼデアの家とその首領、そしてこの地のエルサレムに残っている余民、そしてエジプトに住んでいるユダの人々を、まるで非常に悪く、食べられないほど壊れているイチジクのように差し出します。

われは必ずかれらに渡して、天下の万国の中から投げて、災いに遭わせるであろう。私が彼らを追い払ったところで凌辱、笑い、皮肉、のろいとなった。

われは必ず刀剣、飢饉、疫病をかれらに臨ませ、われが与えたものからかれらとその祖先の地に絶滅するまで。

为您推荐

エレミヤ書_Chapter 52

西底家が即位したのは21歳で、エルサレムで王となって11年だった。彼の母親の名前はハモ彼で、立納人エレミヤの娘です。 西...

エレミヤ書_Chapter 51

エホバはこう言われました。私はバビロンとリガミに住む人々を攻撃するために、破滅の風を吹かせなければなりません。 私は異邦...

エレミヤ書_Chapter 50

エホバは預言者エレミヤを用いてバビロンとカルデア人の地について論じられた。 あなたたちは万国の中で報告を伝え、大きな旗を...

エレミヤ書_Chapter 49

アンモン人について論じる。エホバはこう言われました。イスラエルには息子がいませんか。子孫はいませんか。マレカンはなぜカル...

エレミヤ書_Chapter 48

モアブについて論じる。万軍のエホバイスラエルの神がそう言った。ニポウには災いがあった。荒場となったため。キレチンは恥をか...
返回顶部