首页 イザヤ文字 イザヤ文字_Chapter 37

イザヤ文字_Chapter 37

それを聞いたヒシ家の王は、服を引き裂き、麻布を羽織ってエホバの神殿に入った。 家宰エリアギョンと書記シャバーナを遣わし、祭司の長老たちはみな麻布を羽織って、アモスの息子預言者イザヤ…

それを聞いたヒシ家の王は、服を引き裂き、麻布を羽織ってエホバの神殿に入った。

家宰エリアギョンと書記シャバーナを遣わし、祭司の長老たちはみな麻布を羽織って、アモスの息子預言者イザヤに会わせた。

彼に言った。ヒシ家はこう言った。今日は急難、罰、凌辱の日であり、婦人が赤ん坊を産もうとしているのに、産む力がないようなものだ。

あるいはエホバのあなたの神、ラバーシャキの言葉を聞いて、彼の主人アッシリア王が彼を遣わして永遠の神をののしる言葉です。エホバあなたの神は、それを聞いて叱責するので、残された民のために、声を上げて祈ってください。

シシ家王の臣従は、イザヤに会いに行き、

イザヤは彼らにこう言いました。あなたがたの主人にこう言いなさい。エホバはそう言いました。アッシリア王のしもべが私を冒涜しているのを聞いて、恐れてはいけません。

私は彼の心を驚かす(原文は霊を入れる)。彼は風の音が聞こえたら地元に帰り、私は必ず彼をそこで刀の下に倒れさせた。

ラバシャキが帰ってきて、アッシリア王がリナを攻めるのに会った。彼はアッシリア王がキャンプを抜いてラジを去るのを早く聞いた。

アッシリア王は、古実の王トハーガについて人が言うのを聞いて、彼が出てきてあなたと戦うと言った。アッシリア王はそれを聞くと、使徒をヒシの家に送り、彼らに命じた。

あなたがたはユダ王シシ家にこう言った。あなたが頼りにしている神があなたを欺くのを聞いてはいけない。「エルサレムはアッシリア王の手に渡さない」と言った。

アッシリアの王たちが列国に向かって行ったのは、絶滅したと聞いていますが、あなたはまだ救われますか。

わが列祖が滅ぼしたのは、歌散、ハラン、利色、そしてティラサクに属するエデンの人であった。これらの国の神は、なぜこれらの国を救ったのだろうか。

ハマの王、アルル抜きの王、西ファワ音城の王、ヒナとエワの王、どちらにいるのでしょうか。

ヒシ家は使徒から手紙を受け取り、読み終わると、エホバの神殿に上がり、手紙をエホバの前で広げた。

ヒゼキヤはエホバに祈った。

二ケルバーの何万人もの軍に座っているエホバ・イスラエルの神よ、あなた、あなただけが、天下万国の神です。あなたは天と地を創造した。

エホバよ、耳を傾けて聞いてください。エホバよ、目を開けて見てください。シナキ立のすべての話を聞くには、彼は使徒を遣わして永生神を罵倒したのだ。

エホバよ、アッシリアの王たちはやはり列国と、列国の地を荒廃させた。

列国の神像を火に投げ込んだのは、もともと神ではなく、人の手で作られたもので、木、石であるため、絶滅したからだ。

エホバわたしたちの神よ、今、アッシリア王の手からわたしたちを救ってください。あなただけがエホバであることを世界中の誰もが知っているようにしてください。

アモスの息子イザヤは、イスラエルの神エホバがそう言ったので、アッシリアの王シナジリを攻撃してくれと頼んだので、

だからエホバは彼にこう言われた。シオンの処女はあなたを軽視し、笑って、エルサレムの女性はあなたに首を横に振った。

誰をののしっているのですか。誰を冒涜する?声を上げて、目を高くして誰を攻撃するのか。イスラエルを攻撃する聖者である。

あなたの家来を借りて主を罵倒して、言って、「私は多くの戦車を率いて山頂に登って、リバの柔らかい深いところに行って、私はその中の大きなヒノキの木を伐採して、美しい松の木を伐採して、私は必ず高いところに登って、肥えた畑の林に入ります。」

私は井戸を掘って水を飲んだので、私は必ず足の裏でエジプトのすべての川を踏む。

エホバは言われた。「あなたは、私が以前にした昔に立っていたことを聞いていないのではないでしょうか。今、堅固な城を荒廃させて、めちゃくちゃにしてあげましょう。

だからその中の住民の力は非常に小さく、驚いて恥じている。彼らは野草のように、青菜のように、屋根の上の草のように、畑に生えていない作物のように。

座って、あなたは出て、あなたは入って、あなたは私に怒って、私はすべて知っています。

あなたが私に怒って、またあなたが傲慢な言葉が私の耳に届いたので、私はフックであなたの鼻を引っ掛けて、噛む輪をあなたの口の中に置いて、あなたを元の道から回転させます。

イスラエル人よ、私はあなたたちに証拠を与えます。あなたたちは今年自生したものを食べ、来年も自生したものを食べ、再来年には耕作して収穫し、ブドウ園を植え、その中の果物を食べなければなりません。

まだみんなが逃げて残ったものは、下に根を下ろし、上に結果を出さなければならない。

エルサレムから出てきた残りの民がいて、シオン山から逃げてきた人がいます。万軍のエホバの熱意はこのことを成し遂げるに違いない。

だからエホバはアッシリア王についてこう言われた。彼はこの町に来てはならないし、ここで矢を射ることもしないし、盾を城の前に持って行ってはならないし、城を攻めることもしない。

彼はその道から来て、その道から帰って、必ずこの町に来てはいけない。これはエホバの言葉です。

私は自分のために、また私のために人民代表大会を守るために、必ずこの町を守る。

エホバの使徒は出て行き、アッシリアキャンプで18万5000人を殺した。朝起きてみると、死体だらけだった。

アッシリア王シナキは、キャンプを抜いて帰って、ニネベに住んでいた。

ある日、彼の神、ネロ廟で拝礼した。彼の息子のアドミラルとサリ色は、ナイフで彼を殺し、アララの地に逃げた。彼の息子イーサハットンは彼を王として継いだ。

为您推荐

イザヤ文字_Chapter 66

エホバはこう言われました。天は私の席で、地は私の足のベンチです。あなたたちは私のためにどのような殿を建てて、どこが私の安...

イザヤ文字_Chapter 64

あなたが天を裂いて降りて、山があなたの前で揺れていることを願って、 薪を燃やすようで、火が水を沸かすようです。あなたの敵...

イザヤ文字_Chapter 65

以前は私を訪問していなかったので、今私に聞いてください。私を探していない、私は彼らに会うように言った。私の名の下とは呼ば...

イザヤ文字_Chapter 63

これは東のペルラから来て、赤い服を着て、華美に装って、能力が広くて、大股で歩いているのは誰ですか。私です、公義に基づいて...

イザヤ文字_Chapter 62

私はシオンのために黙っていないで、エルサレムのために声を止めないで、彼の公義は光り輝くように、彼の救いは明かりが灯るよう...
返回顶部